フルカラーカッティングの説明|プリントイット.jp

運営:株式会社イメージ・マジック

ご注文サポートセンター:050-5835-2099

フルカラーカッティング

フルカラーカッティングとは白いシートにフルカラー印刷したデザインデザインに添って切り抜いたものを、専用のプレス台で生地に加圧し熱転写する方法です。
カッティング圧着が1色のみであるのに対して、フルカラーカッティングは文字通りフルカラーでのプリントが可能で、色落ちも殆どありません。
版代も不要で、化繊生地のドライ生地 Tシャツやブルゾンにもフルカラーで1枚からプリントできます。

メリット

  • 版代が不要な為少ロットでのご注文に最適です。
  • 白を使ったフルカラーのデザインをプリントすることができます。(白インクは使いません。)
  • フルカラープリントの為、色数に関係なくデザイン頂けます。
  • 撥水性のジャンパーや、中綿の入ったジャンパーや裏生地の厚いジャンパーにもフルカラーでプリントできます。
  • ポリエステル製品にプリントした場合に生地の色が逆昇華する事を防止する加工もできます。

デメリット

  • CMYKで表現可能なフルカラープリントの為、金色、銀色、蛍光色などの特色はプリントできません。
  • カッティングシートは白色のため、背景になじむような「ぼかし」や「グラデーション」はお控えください。
  • デザインの外周に沿って1~2mm程度の余白をもってカットして圧着するため、生地色に近い色で背景色をつける必要があります。
  • デザインの外注でのみカットし、内側はカットされずに残るため、生地色に近い色で背景色をつける必要があります。
  • 1mm以下の細い線、細かい文字や複雑なデザインがある場合は、カットできない可能性があります。

その他のご注意点

  • 加工特性上、同じデザインで入稿頂いた場合でも、温度や湿度、加工機の個体差により色味に違いが出る場合があります。
  • 加工特性上、モニター等でご覧になるデザインデータと実際の仕上がりでは色表現の差異が生じる場合があります。